〒115-0045 東京都北区赤羽2-8-2 いさみやビル4F
赤羽駅北改札口から東口方面へ徒歩5分

営業時間
9:00~18:00
定休日 
土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

03-5939-9154

茶室の新築・リフォーム

「数寄屋の美」

 木材のみを組み合わせ建てられた日本建築「茶室」。釘や接着材を一切使わずに、木の性質や木目の流れを生かして木と木を繋ぎ合わせる「木組み」。軒先を演出するのは、職人が一本一本熟練した技で仕上げた「化粧垂木」。その深い軒がつくり出す陰影の印象的な「和の空間」。

 「数寄屋の美」は「高級な材」よりも「構成の美」に重きを置きます。見えないところも手を抜かないで仕上げないと、見えるところに綻びがでます。木材を巧みに組み合わせて造られる数寄屋造りは日本建築の「粋」。ごまかしのない施工が要求されます。ごまかしのない、ごまかしが効かない。このことがすべてを物語っています。

 和モダンを取り込むリフォームが人気です。本格的な和風建築の施工実績が豊富にあり、茶室の施工にも精通しております。

 「自宅の一部を『茶室』にリフォームしたい」という問い合わせをよくいただきます。茶の湯に作法があるように、茶室にも作法があります。どうしたら和室を茶室に、リビングに茶室をつくることができるかなど、ご相談ください。 

 茶室「華久庵」

 三畳台目+水屋+腰掛け土間付きの茶室。 露地も自宅と別荘にあった石と苔を再利用し朽ちた庭の梅の老木も茶室の材として、できるだけ歴史を繋ぐことを意識した茶室です。

ひとつひとつ職人の手を掛けて造られた茶室を全画面でご覧ください。再生時間2分45秒

事 例

土間付き三畳茶室「方丈庵」

 マンションの1階エントランス脇倉庫を茶室に改装。土間付き三畳向切り茶室。待合は吊り屋根腰掛け椅子席立ちつくばい。茶席は三畳向切りにて式台付き土間席も併用。水屋は狭いので立ち水屋。 

事 例

お座敷「穏の座」

 四谷荒木町は車力門通り。三業地だった荒木町に三味線や太鼓の音が聴こえ芸者衆の入るお座敷「穏の座」。茶室としてはもちろん、文楽、義太夫、常磐津、清元、長唄、鳴物、端唄、小唄、落語、声色、講談などにも利用することができます。

 間違いやすい「隠」と「穏」。「隠」の部首「こざとへん」は「高台・盛り土・階段・壁など」を意味し、「壁の陰にかくす」という意味。「穏」の部首「のぎへん」の由来は穂がたれている植物の形から。「稲を囲いおさめる」という意味から「おだやか」となったものです。

事 例

組立茶室「匠創庵」

 組立茶室「匠創庵」。製作期間2ヶ月、4〜5人の職人で4時間で完成する移動式組立茶室。八畳広間+水屋二畳+二畳台目小間からなりさまざまな匠の技を随所に取り入れた本格的茶室。

 水辺に浮かぶ茶室をイメージしてタイル張りの路地、小間は組子壁、広間壁は本聚楽、江戸小紋壁、欄間は47都道府県地図透かし、など随所に本格的な匠の技を取り入れております。

事 例

市原邸

 築40年のマンションの一室を茶室に改装。狭いながらも茶事ができるように露地、待合、台所まで付けた本格的八畳広間と水屋からなる茶室空間。

事 例

八畳本勝手広間茶室

 本格的な稽古や茶事の出来る八畳本勝手広間茶室と 待合・水屋を併設したお茶室をリフォームしました。

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受付しております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-5939-9154
営業時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談

03-5939-9154

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス

住所

〒115-0045 東京都北区赤羽2-8-2 いさみやビル4F
赤羽駅北改札口から東口方面へ徒歩5分

営業時間

9:00~18:00
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

土曜・日曜・祝日

お役立ち情報のご案内

確かな仕事をしてくれる工務店はないか
建てた後もきちんと面倒みてくれるのかしら
こだわりのある建物を建てたいけれども施工してもらえるのか